アクセス

mennu

menu

インフォメーション

新馬登録奨励金制度の新設について

 平成30年度より、優良2歳馬の在厩を促進するとともに強い馬づくりを図り、名古屋競馬の発展及び円滑な運営に資することを目的として、下記の新馬登録奨励金制度を新設致しましたので、お知らせします。
なお、本制度の平成30年度の予算額は2,000万円です。
 
本奨励金制度の概要
 愛知県競馬組合(以下、組合)が指定するせり市場において購入した馬を組合に入厩させ、競走馬登録した馬主が条件(イ)をすべて満たした場合に交付する。
 
(ア) 交付額
  対象馬の購入価格(税込み)の40%以内とし、300万円を上限とする。ただし、千円未満の端数は切り捨てる。交付決定額の累計が予算額に達した場合は、申請期限内でも当該年度の奨励金事業を終了し、名古屋競馬公式サイト内で公表する。
 
(イ) 条件
対象馬の要件
・購買価格(消費税を除く)が200万円以上の馬
・平成30年8月18日までに組合が実施する能力審査に合格した馬
 
対象の馬主
・共有馬主以外の馬主
・平成30年8月31日までに奨励金申請を完了した馬主
・同一年度内で申請可能頭数は1馬主1頭とし、申請する対象馬の馬主とせり購買証明書(市場取引売買契約書)に記された購入者が同一であること。
※せり市場における販売申込者(馬の出品者)もしくは所有者と実質的に一体の関係にあると見なされる馬主は本奨励金申請の対象としない。
 
組合が指定するせり市場(9市場)
・九州トレーニングセールサラブレッド2歳
・千葉サラブレッドセールサラブレッド2歳
・北海道トレーニングセールサラブレッド2歳
・九州1歳市場サラブレッド1歳
・八戸市場サラブレッド1歳
・セレクトセール
・北海道セレクションセールサラブレッド1歳
・北海道サマーセールサラブレッド1歳
・北海道オータムセールサラブレッド1歳
 
(ウ) 奨励金の交付を受けた馬主の義務
・奨励金の交付を受けた馬主は対象馬を平成31年10月開催の最終日まで組合に在籍させなければならない。
・また、この期間中は対象馬の馬主を変更してはならない。(馬主死亡を除く)
 
(エ) 奨励金の返還
・馬主が(ウ)の義務に違反したときは、既に交付された奨励金の全額を返還しなければならない。ただし、対象馬が愛知県競馬組合競走馬死傷見舞金の支給に相当する事故(他の競馬場での競走中を含む)によりへい死又は用途変更となった場合及び管理者が特に認めた場合は返還を要しない。
・奨励金を返還することとなった馬主は、奨励金を返還することとなった年度の翌年度は奨励金の交付を受けることができない。
 
(オ) その他
 申請に必要な書式(申請書、請求書等)は下記よりPDFにてダウンロードが可能。
 
新馬登録奨励金書式.pdf
 
奨励金交付請求書.pdf